新潟ラーメンを語る

新潟のラーメン好き『しばっち』が食べ歩いた県内各地のラーメン情報、感想等を皆さんにご報告いたします。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

Translation(自動翻訳)

鯛あたり~焼みそ

2014/05/03(土) 00:00:15

たいあたり 店 たいあたり 店内
新潟市東区の、鯛あたりです。

市内の人気店「だるまや」で、長年店長として努めてきた方の独立OPEN店です。とうとう独立したなという印象です。だるまやの味はこの人が作りました。それから大舎厘でつけ麺を学び、弁慶、萬人のオープニングスタッフとして若い人を教育し、そして独立です。店内は非常に清潔感があり、意外に広々しています。女性店員さんも何処かで見た人です。



たいあたり メニュー
定番メニュー



たいあたり 焼味噌
焼みそ830円。



たいあたり 焼味噌 麺

結構印象深いのがこの麺。程よい存在感です。こしも強く良い麺ですね。量もあります。



たいあたり 焼味噌 スープ
スープ
『焼』の効果絶大ですね。これは良い香りです。どこぞのラーメン店のように油に味噌ダレをぶっこんで香りもろとも吹き飛ばしちゃうラーメンとは雲泥の差。香ばしい。味噌も赤味噌でしょうか?独特の個性が良いですね。背油や魚粉に頼った感が全くありません。



たいあたり 焼味噌 チャーシュー たいあたり 焼味噌 具
たいあたり 焼味噌 具 (2) たいあたり 焼味噌 具 (3)

ここ最近ありがちな、チャーシュー2、3枚入れてボリュームを出すラーメンとは違い、1枚です。が、このチャーシューが旨すぎですね。柔らかいのですがしっかり旨さと弾力を残しています。八角等の香りから、かなり本格的なチャーシューだという印象です。水菜、メンマは何となくだるまやの名残か?キャベツ等は炒めてあります。



久々に旨い味噌を食べました。この味、このボリュームで830円が安く感じます。










新潟市東区TB:0CM:4
コメント

 なかなかの高評価ですね。

 味噌好きの僕としては、そそられる一品です。
きょせん #-|2014/05/03(土) 08:33 [ 編集 ]
久しぶりすぎて...
覚えていらっしゃいますか?

自分は、一応らーめん食べてマス(;^‗^;)

http://edifice5089.seesaa.net/
KATSU(DON) #-|2014/05/04(日) 17:53 [ 編集 ]
Re: きょせんさん
ジョーとはまた違った美味しさです。僕はジョーと並ぶ美味しさだと思います。
しばっち2 #-|2014/05/07(水) 18:31 [ 編集 ]
Re: KATSU(DON)さん
勿論覚えてますよ!絶対忘れませんよ。
しばっち2 #-|2014/05/07(水) 18:32 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rarararamenbreak.blog84.fc2.com/tb.php/1260-948bf970

プロフィール

しばっち2

Author:しばっち2



新潟県五泉市の『スズキトラスト新潟㈱』『㈲下越自動車工業』の代表をしています、柴沢こと《しばっち》と申します。
新潟ラーメン大好きです。燕三条系、古町あっさり、巻濃厚味噌、長岡系、カレーラーメンなど、いろいろなジャンルを食べまくります。コメントよろしくお願いします。

僕の会社のブログも是非ご覧ください。
こちらからどうぞ
http://ameblo.jp/rarararamenbreak/

ツイッターもよろしく!!!フォロー大募集!!!
https://twitter.com/shibatti2

しばっち流の自作ラーメンはこちら!
https://www.facebook.com/新潟ラーメンを語る-351287955075313/















RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
16位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 新潟ラーメンを語る All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.