新潟ラーメンを語る

新潟のラーメン好き『しばっち』が食べ歩いた県内各地のラーメン情報、感想等を皆さんにご報告いたします。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

Translation(自動翻訳)

中田製作所~背油ブラック 味噌ラーメン

2014/07/24(木) 00:00:03

なかだせいさくじょ 店
五泉市の人気店、中田製作所です。



なかだせいさくじょ メニュー なかだせいさくじょ メニュー (2)
メニュー



なかだせいさくじょ 背油ブラック
背油ブラック710円。



なかだせいさくじょ 背油ブラック 麺 なかだせいさくじょ 背油ブラック スープ
麺&スープ
麺は中太麺です。弾力が強く食べごたえがあります。スープはブラックの強いしょっぱさに、背油がそれを抑えた印象です。僕個人の感想ですが、ここのブラックは背油が無い方が美味しいですね。



なかだせいさくじょ 背油ブラック チャーシュー なかだせいさくじょ 背油ブラック 具

チャーシューが人気で、お土産に買う人も少なくないです。柔らかく美味しいチャーシューです。それと葱がたっぷりで嬉しいです。



なかだせいさくじょ 味噌ラーメン なかだせいさくじょ 味噌ラーメン (2)
味噌ラーメン790円。
割りにあっさり目の味噌ラーメンに、海老油とバジルの風味が面白いです。



さすがにいつ食べても美味しい中田製作所です。









五泉市TB:0CM:6
コメント

 >ここのブラックは背油が無い方が美味しいですね
 僕もそう思います。醤油のキレが弱まってしまうので。

 中田の味噌は、他では味わえない個性的なラーメンですね。
きょせん #-|2014/07/24(木) 06:49 [ 編集 ]
Re: きょせんさん
お客さんの希望から生まれた背油ブラックでしょうが、それではここのラーメンの良さが失われます。やっぱブラックはブラックですね。
しばっち2 #-|2014/07/24(木) 17:05 [ 編集 ]

いつか中田さんの味噌や塩やつけめんを食べてみたいとは思ってるんですが店に入ると、ついブラックが食べたくなりブラックを頼んでしまいます。
五泉市民 #-|2014/07/26(土) 01:46 [ 編集 ]
Re: 五泉市民さん
そうなんですよね。僕もブラック率高いです。こうなれば飽きるまでブラックを食べ続けるしかないですねW
しばっち2 #-|2014/07/26(土) 10:45 [ 編集 ]

しょっぱすぎですよ、まずいです
名無しさん #-|2014/08/31(日) 22:32 [ 編集 ]
Re: 名無しさん
> しょっぱすぎですよ、まずいです
わざわざしょっぱくしているラーメンです。まずいという表現はどうかと思いますよ。
しばっち2 #-|2014/09/02(火) 17:53 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rarararamenbreak.blog84.fc2.com/tb.php/1326-116123b6

プロフィール

しばっち2

Author:しばっち2



新潟県五泉市の『スズキトラスト新潟㈱』『㈲下越自動車工業』の代表をしています、柴沢こと《しばっち》と申します。
新潟ラーメン大好きです。燕三条系、古町あっさり、巻濃厚味噌、長岡系、カレーラーメンなど、いろいろなジャンルを食べまくります。コメントよろしくお願いします。

僕の会社のブログも是非ご覧ください。
こちらからどうぞ
http://ameblo.jp/rarararamenbreak/

ツイッターもよろしく!!!フォロー大募集!!!
https://twitter.com/shibatti2

しばっち流の自作ラーメンはこちら!
https://www.facebook.com/新潟ラーメンを語る-351287955075313/















RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
16位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 新潟ラーメンを語る All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.