新潟ラーメンを語る

新潟のラーメン好き『しばっち』が食べ歩いた県内各地のラーメン情報、感想等を皆さんにご報告いたします。

全記事一覧 << 2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11 >>

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

Translation(自動翻訳)

ちゃーしゅうや武蔵女池インター店~旨辛つけめん

2015/04/28(火) 00:00:04

武蔵女池店 店
新潟市中央区にOPENしました、ちゃーしゅうや武蔵女池店です。

吉相女池店がちゃーしゅうや武蔵に変わっただけのお店。アピタ長岡だった店長が今度は女池店店長です。



武蔵女池店 メニュー 武蔵女池店 メニュー (2)
メニュー



武蔵女池店 旨辛つけ麺
旨辛つけめん850円。税抜。



武蔵女池店 旨辛つけ麺 麺

量は200gないでしょうかね?少なく感じました。やっぱりつけ麺は麺量が欲しいところ。中太麺のもっちりタイプ。



武蔵女池店 旨辛つけ麺 つけ汁
つけ汁
なかなか美味しいと思います。辛さはまあまあ、胡麻や柑橘系の酸味が程よく効き、表面の油の層が冷めにくくしております。唐辛子の粉末の舌触りがいまいち。



武蔵女池店 旨辛つけ麺 チャーシュー 武蔵女池店 旨辛つけ麺 具

ちゃーしゅうや武蔵のチャーシューは文句なし。モヤシ、キャベツはシャキシャキ。つけ汁の中にはほうれん草。



味は悪くないですが、割高感があります。850円は税別ですから、レジでは900円越え。きついですね。









新潟市中央区TB:0CM:3
コメント
Re: てぃおんさん
瞑想しているんでしょうかね。本当にわけがわかりません。務めている従業員が一番複雑な思いだと思いますね。
しばっち2 #-|2015/04/28(火) 17:49 [ 編集 ]

お久しぶりっす。仕事が忙しくラーメンさぼってました。まぁ行ったらそこが休みだったとかでフラれたりしてたのが多いですが(笑)
俺もこの前旨辛食いました!量や値段が。悪くないですが。あれなら女池はまっくうしゃの辛つけめん。紫竹ならいっとうやの辛つけめんに行ってしまいます。コスパ的に。紫竹のダルマ食堂近々行きます。それにしても俺が休みの日に定休のやら臨時多すぎ。漢2やら力やらふくすけやら(笑)ちなみに先月の話ですが力は鶏白湯やるらしいっすよ!
休日はさすがにチビ二人連れて並びたくないっす(笑)しかも一人でゆったり食いたいです
たかまさ #/3WEEAIQ|2015/04/28(火) 22:42 [ 編集 ]
Re: たかまささん
ご無沙汰しております。忙しいなんてすばらしいことですね。充実していることはいいことです。漢×2は僕もフラれちゃいました。それと麺や力が鶏パイタン?初耳ですが、無理しないで頑張ってもらいたいですね。ラーメン食べられるといいですね。
しばっち2 #-|2015/04/29(水) 11:19 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rarararamenbreak.blog84.fc2.com/tb.php/1566-3bb9e7b8

プロフィール

しばっち2

Author:しばっち2



新潟県五泉市の『スズキトラスト新潟㈱』『㈲下越自動車工業』の代表をしています、柴沢こと《しばっち》と申します。
新潟ラーメン大好きです。燕三条系、古町あっさり、巻濃厚味噌、長岡系、カレーラーメンなど、いろいろなジャンルを食べまくります。コメントよろしくお願いします。

僕の会社のブログも是非ご覧ください。
こちらからどうぞ
http://ameblo.jp/rarararamenbreak/

ツイッターもよろしく!!!フォロー大募集!!!
https://twitter.com/shibatti2

しばっち流の自作ラーメンはこちら!
https://www.facebook.com/新潟ラーメンを語る-351287955075313/















RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
4位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 新潟ラーメンを語る All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.