新潟ラーメンを語る

新潟のラーメン好き『しばっち』が食べ歩いた県内各地のラーメン情報、感想等を皆さんにご報告いたします。

全記事一覧 << 2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05 >>

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

Translation(自動翻訳)

越佐 えん家~横浜屋台らーめん

2016/09/26(月) 00:00:52

えん家 店
三条市のえん家です。



えん家 食券機 えん家 メニュー
えん家 メニュー (2)
メニュー



えん家 横浜屋台ラーメン
横浜屋台ラーメン(醤油)620円。



えん家 横浜屋台ラーメン 麺

モチモチ食感の麺です。



えん家 横浜屋台ラーメン スープ
スープ
うーん…野菜の味が良く出てますが、全体にボヤーッとしているので、野菜も死んでるかな。優しい味ってことですかね。



えん家 横浜屋台ラーメン 具 えん家 横浜屋台ラーメン 具 (2)
えん家 横浜屋台ラーメン 具 (3)

先程も言った通り、野菜が合わない。チャーシューも素っ気ない味付けで、なんともはや。



えん家 サービスライス えん家 サービスライス (2)
ご飯や味噌汁、漬物なんかが無料のようです。



店員さん、感じが良くて良いですね。それだけでも良かったです。御馳走様でした!!









三条、燕市TB:0CM:5
コメント

ここ、全体的に高めの価格設定ですよね。

もともと家系のラーメンは好みじゃないので
ここへ行くんなら隣の原宿に足が向いちゃいます。

オマケに原宿は9時開店ですもん(笑)
ペコさん #mQop/nM.|2016/09/26(月) 04:55 [ 編集 ]

それこそ、ついこの前の日曜日に行ってしまいました。
もっと早くしばっちさんの記事に気付いてれば(笑)
家族で行ったので、豚骨味噌・極み鶏・豚骨醤油と食べましたが、濃厚さのかけらもないスープで。その上もやしが邪魔というか。

ごはん・味噌汁・漬物・ドリンクバーが無料食べ放題なのはうれしいです。味噌汁が一番美味しかったです。
あとふるふるのぶどう・梨等の試食が非常に美味しかったです(笑)
ユー #-|2016/09/27(火) 08:26 [ 編集 ]

私もシバッチさんと同じ意見です!
でも従業員と知合いだから思っていても言えない。
どさ犬 #-|2016/09/27(火) 15:12 [ 編集 ]
Re: ユーさん
味噌汁が一番おいしかったとは笑ご飯が食べれるのはありがたいですね!
しばっち2 #-|2016/09/27(火) 17:12 [ 編集 ]
Re: どさ犬さん
女性店員さんの接客は素晴らしかったです。あじうんぬんより、ドライブイン感覚なのかもしれないですね。
しばっち2 #-|2016/09/27(火) 17:13 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rarararamenbreak.blog84.fc2.com/tb.php/1992-bdaba4cc

プロフィール

しばっち2

Author:しばっち2



新潟県五泉市の『スズキトラスト新潟㈱』『㈲下越自動車工業』の代表をしています、柴沢こと《しばっち》と申します。
新潟ラーメン大好きです。燕三条系、古町あっさり、巻濃厚味噌、長岡系、カレーラーメンなど、いろいろなジャンルを食べまくります。コメントよろしくお願いします。

僕の会社のブログも是非ご覧ください。
こちらからどうぞ
http://ameblo.jp/rarararamenbreak/

ツイッターもよろしく!!!フォロー大募集!!!
https://twitter.com/shibatti2

しばっち流の自作ラーメンはこちら!
https://www.facebook.com/新潟ラーメンを語る-351287955075313/















































RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
20位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 新潟ラーメンを語る All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.