新潟ラーメンを語る

新潟のラーメン好き『しばっち』が食べ歩いた県内各地のラーメン情報、感想等を皆さんにご報告いたします。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

Translation(自動翻訳)

大舎厘 女池上山店~濃厚らーめん

2017/01/06(金) 00:00:36

大舎厘女池 店
新潟市中央区、大舎厘です。

ご近所の燈、力にふられ、時間の関係でこちらへ。



大舎厘女池 メニュー 大舎厘女池 メニュー (2)
大舎厘女池 メニュー (3) 大舎厘女池 メニュー (4)
メニュー



大舎厘女池 濃厚ラーメン
濃厚ラーメン850円。



大舎厘女池 濃厚ラーメン 麺

太麺でコシが強い。量は普通より少し多い。



大舎厘女池 濃厚ラーメン スープ
スープ
濃厚は濃厚。後半はかなり飽きがきます。ペッタペタの白湯スープです。この濃度でかなり熱々なのは好印象。



大舎厘女池 濃厚ラーメン チャーシュー 大舎厘女池 濃厚ラーメン 魚粉

チャーシューが味気ない。もう少ししっかりとした味が好みです。魚粉で少し味変可能。



大舎厘女池 炙チャーシュー飯
あぶりちゃーしゅう飯150円。平日ランチのみ。



店員同士の私語がうるさい。孔明時代もそうでした。ラーメンの盛り付けをしながら女性店員に作り手S氏、「俺のバストいくつだと思う?」どーでもいいわ。ラーメンに唾入ってそうでいやです。








新潟市中央区TB:0CM:4
コメント

こんにちは

GW明けだったかに私も一本気→燈→力と連続で振られました。
連休中はみなさん定休日返上してその代休なんでしょうか?
因みにその時は正味に行きました♫

今度、大舎厘 女池に行ったら数人で予想バストサイズを言ってみようと思いますw
ぽんすけ #-|2017/01/06(金) 00:16 [ 編集 ]
絶対に行きたくないお店
わたしもしばっちさんと同意見!!
お金をもらって働いてる以上、常識もってお客様に誠意をもち接し作業するべきです。ラーメン屋は食べるところと調理するところが近くよく見えるのにもかかわらずデリカシーのない店員ばかりですね。味が云々よりも安易な行動でお店の格を下げてますね。まず人として教育をしっかりしてほしいです。人気が落ちるのも時間の問題ですね。
れい #SFo5/nok|2017/01/06(金) 13:43 [ 編集 ]
Re: ぽんすけさん
お互い、フラれるとは運が悪かったですね(笑)

少なくとも男のバストサイズはラーメンとは無関係。あきれたお店でした。
しばっち2 #-|2017/01/07(土) 14:12 [ 編集 ]
Re: れいさん
はっきりいって、この従業員のせいでお店が駄目になります。会社がかわいそう。人員不足で大変なのでしょうが、そのくらいは教育してもいいと思いますね。
しばっち2 #-|2017/01/07(土) 14:18 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rarararamenbreak.blog84.fc2.com/tb.php/2079-393b8d80

プロフィール

しばっち2

Author:しばっち2



新潟県五泉市の『スズキトラスト新潟㈱』『㈲下越自動車工業』の代表をしています、柴沢こと《しばっち》と申します。
新潟ラーメン大好きです。燕三条系、古町あっさり、巻濃厚味噌、長岡系、カレーラーメンなど、いろいろなジャンルを食べまくります。コメントよろしくお願いします。

僕の会社のブログも是非ご覧ください。
こちらからどうぞ
http://ameblo.jp/rarararamenbreak/

ツイッターもよろしく!!!フォロー大募集!!!
https://twitter.com/shibatti2

しばっち流の自作ラーメンはこちら!
https://www.facebook.com/新潟ラーメンを語る-351287955075313/















RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
16位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 新潟ラーメンを語る All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.