新潟ラーメンを語る

新潟のラーメン好き『しばっち』が食べ歩いた県内各地のラーメン情報、感想等を皆さんにご報告いたします。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

Translation(自動翻訳)

熊ぼっこ~角煮ラーメン、ざるらーめん

2011/07/28(木) 02:00:41

くまぼっこ 店 くまぼっこ 暖簾
亀田駅前熊ぼっこです。何年ぶりかです。昔は旨いラーメンといえば、みたいな感じでしたが、最近とんと噂を聞かなくなりました。
日曜日、12:00。ガラーンとしています。後でお客さんは入ってきましたが、満席まではいかないようです。


くまぼっこ メニュー くまぼっこ ザルラーメンメニュー
メニュー。値段設定が結構高いんですね。迷いましたが熊ぼっこの代名詞と言えるあれです。


くまぼっこ 角煮ラーメン味噌
角煮ラーメン(味噌)930円。


くまぼっこ 角煮ラーメン味噌 角煮
角煮は柔らかく、ホロホロと身がほぐれます。味付けは甘めで、これは旨い!おみあげで買いたいくらいです。


くまぼっこ 角煮ラーメン味噌 スープ
豚骨ベースと思われるこのスープは、野菜の旨味が効いて、懐かしい味ですね。ニンニクも効いています。


くまぼっこ 角煮ラーメン味噌 野菜
野菜が結構あるので嬉しいですね。基本は北海道系のラーメンみたいです。


くまぼっこ 角煮ラーメン味噌 麺
麺は中細麺。しっかりした固さがあります。


くまぼっこ ザルラーメン
夏期限定ざるラーメン580円。


くまぼっこ ザルラーメン麺
麺は中太で平打ちっぽい麺。食堂の麺ですね。腰が強く、つけ麺向きです。


くまぼっこ ザルラーメン つゆ くまぼっこ ザルラーメン 薬味
甘めの冷やし中華のような味。へんてつもありません。具は葱と生姜。っていうか薬味です。


なかなか旨いのですが、値段の高さが気になりました。







新潟市江南区TB:0CM:4
コメント

何時も判り易いレポですね。職場から近いのに行けてないお店の一つです。いずれシンプル味噌からトライしてみたいです。
Mr.C #-|2011/07/28(木) 12:44 [ 編集 ]
Mr.Cさん
いつもお世話になります。
値段が高めですね。角煮は美味しかったです。ざるラーメンはなんともはや。
しばっち #-|2011/07/28(木) 13:53 [ 編集 ]

甘めの味付けの角煮はスープにも合いそうですね。まぁ確かに値段は張りますね。

最近、肉系ラーメンがハヤリなのか、肉どっさりで700円以下、ってとこも多いですよね
gori64 #-|2011/07/28(木) 20:22 [ 編集 ]
gori64さん
高い!角煮うまい!ラーメン普通!

すなわち、角煮のお土産です(´∀`)
しばっち #-|2011/07/28(木) 22:03 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rarararamenbreak.blog84.fc2.com/tb.php/301-3820a43c

プロフィール

しばっち2

Author:しばっち2



新潟県五泉市の『スズキトラスト新潟㈱』『㈲下越自動車工業』の代表をしています、柴沢こと《しばっち》と申します。
新潟ラーメン大好きです。燕三条系、古町あっさり、巻濃厚味噌、長岡系、カレーラーメンなど、いろいろなジャンルを食べまくります。コメントよろしくお願いします。

僕の会社のブログも是非ご覧ください。
こちらからどうぞ
http://ameblo.jp/rarararamenbreak/

ツイッターもよろしく!!!フォロー大募集!!!
https://twitter.com/shibatti2

しばっち流の自作ラーメンはこちら!
https://www.facebook.com/新潟ラーメンを語る-351287955075313/















RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
15位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 新潟ラーメンを語る All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.