FC2ブログ

新潟ラーメンを語る

新潟のラーメン好き『しばっち』が食べ歩いた県内各地のラーメン情報、感想等を皆さんにご報告いたします。

全記事一覧 << 2020/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/08 >>

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

Translation(自動翻訳)

手仕事らぁめん八 堀之内店~朝つけめん

2020/06/02(火) 00:00:21

八本店 店
新潟市中央区、手仕事ラーメン八です。



八本店 食券機
メニュー



八本店 朝つけめん
朝つけ麺630円。



八本店 朝つけめん 麺 八本店 朝つけめん つけ汁
勿体ないくらいつけ汁が多めですね。つけ汁はさっぱりしながらもキリッとしたカエシと魚介の旨味が効いてますね。麺は滑らかなツルシコ麺。相変わらず旨い。



ご馳走さまでした。








新潟市中央区TB:0CM:2
コメント

自分が「手仕事らぁめん八」様にお伺いする時は朝の時間帯がほとんどなんですよね…そこで朝ラーメンに三つ葉などを追加し,香りを楽しみながら麺の中に紛れている麺帯のようなものの食感とスープのコンビを楽しむのが好きで朝は9割以上朝ラーメン+三つ葉をチョイスしていますね(たまに朝つけ麺に浮気。)。朝以外に伺う時は「濃厚煮干し中華」一択です。あの打ち立て麺は他では見られない強みだと思います。

先日,2か月ぶり位に外でラーメンを食べましたが,その店が系列店の「八ちゃんラーメン」様でした。普通に煮干し中華そばを頼むつもりでいたのに,何故か指は券売機の「油そば」と「もやし」のボタンをプッシュ…。あの3タイプの混在の麺も健在。麺にもやしが混ざった状態で食感の違いを楽しみながら完食でした。

しばっち様はあの麺があまりお好みではないようですが,自分は異なる食感を結構楽しんでます。

久々のラーメン,言葉が出ないほど美味しかったです。やはり人間,食べる楽しみは大事だなと感じました。ブログ拝見したら,無性に「八」様にも行きたくなってきました…明日の朝まで耐えられるかな?
BOSS #-|2020/06/02(火) 23:17 [ 編集 ]
Re: BOSS さん
八にはほぼ朝にしか行かないです。たまには濃厚も食べたいですけどね☺
八ちゃんの麺は、あくまでも個人的な意見です。もちろん好きな人もいるでしょうね‼️
しばっち #-|2020/06/03(水) 07:42 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rarararamenbreak.blog84.fc2.com/tb.php/3062-64d794a4

プロフィール

しばっち2

Author:しばっち2



新潟県五泉市の『スズキトラスト新潟㈱』『㈲下越自動車工業』の代表をしています、柴沢こと《しばっち》と申します。
新潟ラーメン大好きです。燕三条系、古町あっさり、巻濃厚味噌、長岡系、カレーラーメンなど、いろいろなジャンルを食べまくります。コメントよろしくお願いします。

僕の会社のインスタグラムです!スズキトラスト新潟女子部が毎日更新中!お得な情報もいっぱい!
https://www.instagram.com/suzukitrust.niigata/

ツイッターもよろしく!!!フォロー大募集!!!
https://twitter.com/shibatti2

質問箱を設置しました!わかることはなるべくすべてお答えします。
https://peing.net/ja/shibatti2


自作ラーメンを展開中!創作意欲満載です。ラーメン店とのコラボラーメンも募集中!
https://www.facebook.com/新潟ラーメンを語る-351287955075313/?ref=bookmarks


大食いタレント『おごせ綾』ちゃんとYOUTUBEでコラボ!是非高評価ボタンよろしくお願いいたします。
https://www.youtube.com/watch?v=XHomePgDCFo&t=202s

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
10位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 新潟ラーメンを語る All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.