新潟ラーメンを語る

新潟のラーメン好き『しばっち』が食べ歩いた県内各地のラーメン情報、感想等を皆さんにご報告いたします。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

Translation(自動翻訳)

孔明 本店~味噌つけ麺

2012/03/20(火) 00:00:49

こうめいべんてん 店
新潟市中央区、孔明です。つけ麺で有名なお店です。2/14(火)11:10。先客4人。後からもどんどんお客さんは来店します。人気店です。


こうめいべんてん メニュー こうめいべんてん メニュー 味噌つけ麺
メニューです。去年登場したと思われる、味噌つけ麺もあります。


こうめいべんてん 味噌つけ麺
味噌つけ麺(3玉)950円。


こうめいべんてん 味噌つけ麺 チャーシュー こうめいべんてん 味噌つけ麺 野菜
大きなロールチャーシューが一枚、つけ汁で温めるとヤワヤワになります。脂は強めです。
キャベツメインの野菜です。かなり茹で方が甘く、キャベツは固いのですが、あつ盛りを考慮してなのでしょうか。シャキシャキで僕は好みです。


こうめいべんてん 味噌つけ麺 メンマ こうめいべんてん 味噌つけ麺 味玉
メンマも量が結構あります。味玉付きです。見事な半熟。


こうめいべんてん 味噌つけ麺 麺 こうめいべんてん 味噌つけ麺 つけ汁
麺は3玉で450g。食べられない量ではないのですが、あつ盛りということもありちょっときつかったかな。つけ汁は結構ドロ系な濃い味噌スープ。濃い目ですが麺があつ盛りのため、薄まるのが早いです。


結構はまっています。野菜もタップリですし。つけ麺が苦手な人も試す価値はあるとおもいますよ。








新潟市中央区TB:0CM:4
コメント

3玉ってwwww
さすがしばっちさんwww
まぁつけ麺は、スープが無い分食べられちゃうけどもwww
1.5玉ぐらいがいいけどなww
刹那 #-|2012/03/20(火) 09:11 [ 編集 ]
刹那さん
つけ麺ならいけますね。ラーメンでは厳しいですよ。味噌つけ麺、美味しいですよ。野菜たっぷりですし。
しばっち #-|2012/03/20(火) 15:19 [ 編集 ]

いつもブログ更新お疲れさまです!味噌つけ麺食べてきました~!2玉にしましたがかなりのボリュームでした。野菜てんこ盛りがうれしいですね!
確かに最後つけ汁が薄くなってしまいましたが(笑)
また食べに行こうと思います。
kei #-|2012/03/22(木) 22:19 [ 編集 ]
Re: keiさん
ケイさん、おつありです(笑)見て下さってますか!ありがとうございます。僕もケイさんのついーとみてますよ。いいな~、たのしそうだな~って、うらやましくおもっています。みうさんにもよろしく!
しばっち2 #-|2012/03/23(金) 09:29 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rarararamenbreak.blog84.fc2.com/tb.php/529-459888ff

プロフィール

しばっち2

Author:しばっち2



新潟県五泉市の『スズキトラスト新潟㈱』『㈲下越自動車工業』の代表をしています、柴沢こと《しばっち》と申します。
新潟ラーメン大好きです。燕三条系、古町あっさり、巻濃厚味噌、長岡系、カレーラーメンなど、いろいろなジャンルを食べまくります。コメントよろしくお願いします。

僕の会社のブログも是非ご覧ください。
こちらからどうぞ
http://ameblo.jp/rarararamenbreak/

ツイッターもよろしく!!!フォロー大募集!!!
https://twitter.com/shibatti2

しばっち流の自作ラーメンはこちら!
https://www.facebook.com/新潟ラーメンを語る-351287955075313/















RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
15位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 新潟ラーメンを語る All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.