新潟ラーメンを語る

新潟のラーメン好き『しばっち』が食べ歩いた県内各地のラーメン情報、感想等を皆さんにご報告いたします。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

Translation(自動翻訳)

ラーメン源次郎~けにじろう

2012/11/07(水) 00:00:20

げんじろう 店
新潟市西区、ラーメン源次郎です。今年の新店ですが、既に3回目です。


げんじろう メニュー
メニューです。比較的安い値段設定です


げんじろう けにじろう
けにじろう650円。


げんじろう けにじろう チャーシュー げんじろう けにじろう 野菜
味がしっかりとして好きな味付けのチャーシュー。今日はやたらと脂身が多かったですね。
モヤシが多目ですが、葱も多いです。葱にこだわりを感じるお店です。


げんじろう けにじろう スープ げんじろう けにじろう 麺
スープは比較的ライトな印象です。しかし背油がたっぷりです。魚介もガンガンきますね。少し温いのが残念。
麺は珍しい細麺です。噂では聞いていましたが、やっぱり太麺で食べたいです。変更は可能だそうです。


なかなかでしたが、どちらかといえば油そばの方が感動がありました。けにじろうは最近ちょっと飽きてきたかなぁ、って感じのラーメンでした。それでもこの内容でこの値段はいいですね。








新潟市西区TB:0CM:4
コメント
おはようございます!
年をとってボリューミーなラーメンが苦手になってきたものにとって
ココの美味しいけにじろう 細麺でお気に入りです♪

でも太麺もできると聞くと一応男ですから挑戦もしたくなってきますね~(笑)
SP #-|2012/11/07(水) 06:05 [ 編集 ]
SPさん
なんでしょうかねぇ。固定観念でしょうか。デカ盛りは太麺みたいな概念が抜けません。駄目ですねぇ。

最近はSPさんが僕が行くようなラーメン屋さんに行かれるので嬉しいです。
しばっち #-|2012/11/07(水) 07:09 [ 編集 ]
すみません!源次郎も未だに未開拓です(笑)
 「けにじろう」という名前からして、デカ盛りの背脂ガッツリ系を想像していましたので、そこまでは当たっていましたが、細麺はちょっと意外でした(笑)

 細麺がノーマルということは、店主も「ぜひ、細麺で!」の意味でしょうから、まずは細麺で食べてみる価値、ありそうですね(笑)

 西区まで車を走らせると、近辺には生姜醤油のバリバリ効いた、「T吉」という強力な誘惑店がありますが、たまには振り切ってトライしてみようかなと思います(笑)
きょせん #-|2012/11/07(水) 08:20 [ 編集 ]
きょせんさん
あそこを素通りは厳しいですね。でも一度は行ってみてください。なかなかですよ。
しばっち #-|2012/11/07(水) 13:13 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rarararamenbreak.blog84.fc2.com/tb.php/743-8236240a

プロフィール

しばっち2

Author:しばっち2



新潟県五泉市の『スズキトラスト新潟㈱』『㈲下越自動車工業』の代表をしています、柴沢こと《しばっち》と申します。
新潟ラーメン大好きです。燕三条系、古町あっさり、巻濃厚味噌、長岡系、カレーラーメンなど、いろいろなジャンルを食べまくります。コメントよろしくお願いします。

僕の会社のブログも是非ご覧ください。
こちらからどうぞ
http://ameblo.jp/rarararamenbreak/

ツイッターもよろしく!!!フォロー大募集!!!
https://twitter.com/shibatti2

しばっち流の自作ラーメンはこちら!
https://www.facebook.com/新潟ラーメンを語る-351287955075313/















RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
16位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 新潟ラーメンを語る All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.